アットノン ヒルドイド


スッキリ!危険!保湿薬ヒルドイドの誤った処方!乾燥肌に効くは間違い?

ヒルドイドを美容目的で使用するのは薬機法に抵触する恐れもあるとして厚労省が注意喚起を行っています。

しかし、ヒルドイドを美容目的で使用したい人も多いでしょう。

医薬品ではヒルドイド(マルホ)、一般医薬品ではアットノン(小林製薬)など後発医薬品も存在する。

軟膏剤とローション、スプレータイプがある。

保湿剤であるヒルドイドの主成分ですので、保湿成分と同列の扱いにできます。

ただ、大きな違いとして、アットノンには美白成分が配合されていません。

アットノンでうすくなるかの診断チャートがありました。

ものによっては形成外科的な治療が必要です~と表示されることも。

有効成分はヘパリン類似物質。

『アットノン(ヒルドイド市販)はケロイド・肥厚性瘢痕に効く塗り薬?』 ヒルドイドはニキビに効果はないが… ヒルドイドはニキビ薬ではありません。

そのためニキビに直接的効果はありません。

あの消えない傷跡に塗る「アットノン」です。

アットノンもヘパリン類似物質で、機能的にはヒルドイドおんなじなんです。

(ヘパリン類似物質)を含む他の医薬品 ヒルドイドフォルテクリーム (成分配合量アップ) - 1,258円 市販薬であるアットノンとの併用は控えてください。

2018年3月に小林製薬が発売した「アットノン アオキュア」(以下、アオキュア) 病院では「ヒルドイド」や「ビーソフテン」といった名前でよく処方されています。

「ハイドロキノン」「トレチノイン」「ヒルドイド」の外用薬を処方されることが多いです。